読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本楽家 ( ほんがくか ) 通信

本にまつわるあれこれを楽しむ、日本本楽家協会の活動報告です。

2017年新年会〜本楽家たちの集い〜

いつも読書会でお世話になっている古本カフェcestaで新年会を開きました。 新年会はいつものcestaの主催ではなく、日本本楽家協会主催! メンバーのほとんどが読書会の常連さん。 一人、また一人と言いくるめて(?)メンバーを増やしていき、総勢10名の参加で…

2016年度 極々局所的クリックランキング!

読書会で紹介された本はテーマとともに残していました。 こうすることで自分が後で調べる時にグッと楽になりました。 でもどんな本だっけ? という時にはタイトルなどをコピペして検索という面倒なことをしてました。 私だけでなく、記事を見て興味を持った…

本楽活動 in Tokyo

久しぶりの読書会以外の本楽活動のため、これまた久しぶりの東京へ。 主目的は2つ。 (1) 「たくさんのふしぎが好きすぎる展」に行くこと (2) 「文庫古本まつり」へ行くこと (1)はかつて学習院で共に学んだ学友(学びの内容はこちら参照)である甘夏書店さん企…

さとうゆうすけ個展「モノクローム」を観に行ってきました

いつも読書会でお世話になってる古本カフェcestaに行ってきました。 今日の目的はさとうゆうすけさんの個展へ! 作品は先月から観ていました。 が、今日はさとうさんご本人が来店ということで行かないわけにはいかない。 さてお店に着くと... ご本人が作品を…

出会いは突然に!

かれこれ20年以上前から探していた本が見つかりました! その日は私用があり、約束の時間まで古本屋巡りで潰していました。 そろそろ時間が迫っていたため、最後に100円均一棚をサラッと見て行くことにしました。 すると一べつするなり目が釘付けとはこのこ…

はじめての朗読ライブ「VVアパートメント別館メセンデ嬢の部屋」

朗読ライブ、というのに初めて行きました。場所はいつも読書会で行っている古本カフェcesta。とはいっても今日は夜だったので、どちらかといえば古本バーか。朗読ライブは月一で行っているとのことでしたが、これまで読書会以外は特に関心のなかった私。しか…

今年の本楽活動目標あれこれ

一年の計は元旦にあり!というのに今年もすでに10日以上過ぎてしまいました。今年は心機一転(?)、去年よりももっと活動を増やしたいなと思っています。ということで、今年の12月31日になった時にどれだけできているかわかりませんが思いつくまま目標を!1. …

日帰り1dayを使ってトコトン本楽活動

先日、とある目的(私用)で都内の方に行ってきました。本楽家としてはできるだけ旅費は抑えて、浮いた分は本を楽しむ予算に注力したいところ。そんなわけで今まで私用で遠出する場合、若くて時間もあった頃は旅費をひたすらケチった。すなわち鈍行や深夜バス…

ある本楽家の一日

今日は本楽家協会の会員証&名刺を作ろう!ということでデザインをいろいろ考えていたけれど、最終的にMacで描くにはどうも現状では都合が悪い。というのも今はMacBook Airを使っているのだが絵を描くならトラックパッドじゃ大変だ。じゃあマウスを買いに行こ…

図書館総合展に行ってきました。

今日(30日)は朝一からパシフィコ横浜でやっている図書館総合展に行ってきました。といってもフォーラムの主催者側のため朝は準備に追われ、午後は自社ブースの対応と全くといってもいいほど他社のブースやポスターセッションが見れず...。でもそんな中で良…

本で自己診察

まさに波のように沢山読む時期とあまり読まない時期が交互に来ている中、最近はまた読む時期に突入し始めています。読む量にも波があれば読む種類にもかなり波があります。基本的にノンフィクションとかエッセイが好きなんですがここ数ヶ月はフィクションが…

本日のお買い上げ

1. 「男はつらいよ 寅さんDVDマガジン Vol.4」Vol.4ではマドンナに吉永小百合が登場!数日後にはVol.5が発売してしまうし、早く観たいけれど...Vol.3をまだ観てない(!)。まぁ、ある種嬉しい悲鳴です。2. 「Sports Graphic Number 773号」特集が「2011年のリ…

これは本ではない展〜うらわ美術館〜

ふと気づくと面白そうな展示をやっている、うらわ美術館。どうやら先月の20日から来月23日まで、「これは本ではない-ブック・アートの広がり」という展示を開催中とのこと。う〜む、行きたい。

突撃!隣の本棚

今日は某ブロガーさんのお宅におじゃまして、本を強奪、ではなく頂いてきました。 なんと本棚に並んだ多くの本を全部、売り払う(!)というのである。 それを知ったら救わずにはいられません。 私を含め、総勢3名が押し掛けて本棚を物色。 ホクホク顔で頂いて…

日本本楽家協会の新年会をやりました。

久しぶりのオフ会。 日本本楽家協会の新年会を開きました。 参加者は、大三元さん、hirohiroさん、りんごさん、りゅうぜいさん、おじゃさん、あんびるさん、私の全部で7名。 2006年忘年会参加のえむこぶさんは残念ながら参加できませんでしたが、 参加人数は…

2008年、本楽家新年会のお知らせ

新年会の日にちと場所が(私の独断で)決定しました。 日にち 1/19(土) 場所 池袋駅周辺のどこか 具体的な時間とお店は参加者が決まり次第、ご連絡したいと思っています。 参加締め切りは 1月11日(金) とします。 参加したい方は必ず私のYahoo!メールまでご連…

本楽家さんたちのオフ会やりませんか??

1/4現在 参加希望者 無理な日(1月) 大三元さん 12(土),13(日) hirohiroさん 12(土),13(日) あんびるさん 調整中 りんごさん 12(土),26(土) えむこぶさん 相談中 りゅうぜいさん なし おじゃさん 20(日) ちいらば 5(土), 6(日),27(日) なお、(仮の)返事の締め…

日常ミステリ探険隊レポート第一弾「E邸に潜入せよ!」(最終回)

本楽大学、図書館長というのは世を忍ぶ仮の姿。 何を隠そう、私は日常ミステリ探険隊の隊長なのである。 その探険隊に指令(?)があったのはもういつだったか忘れるくらい前の事。 しかし数少ない指令だけに忘れてしまうのは惜しいので記憶の限りここに記して…

第14回 東京国際ブックフェアに行ってきました。

今年も恒例の東京国際ブックフェアに行ってきました(写真1枚目)。 今年は例年と違って会場が変わったためか、少し雰囲気が違ってました。 なんとなく規模が縮小したような...。 何はともあれ入場早々、先月話題になっていた(?)「ゲドを読む」の平積みを発見…

「雪国」の成立過程を調べる。

少し大袈裟なタイトルになってしまったのですが、たんなるメモレベルです。 それは遡ること3ヶ月前(あっという間だったような)。 Yahoo!ブログ「不良サラリーマンの日記」のkatatsumuridonoさんの記事で、気になることが。 今、一般によく読まれている川端康…

ミステリ学部への挑戦!

1/18 追記 少し修正しました。 本楽大学ミステリ学部、課題レポート第一弾。 「ミステリと私」なんと私が「ミステリ」と出会ったのはまだ十数年前のことでまだ最近(?)なのです。それでは子どもの頃には読んでいなかったかといえば、推理小説、探偵小説は読ん…

「日本本楽家協会」の100冊 途中経過(2007.1.8)

昨年から募集しております『「日本本楽家協会」の100冊』がとうとう半数を超えました。 さてこの推薦ジャンル(お題)が曲者(意味不明)すぎて、どんな本を挙げればよいかわからない! という方がいるかと思います。 そこで、これまでの推薦本を公開しようと思…

今年の初買い

初仕事の日までガマンしようと思っていたけれど、とうとう行ってしまった。 今年最初は東京、八重洲古書店でのお買い物。 年賀状が来たから、というちょっと?な理由を付けて行ってきました。 (ちなみに「この年賀状で」3日間限り(1/2〜1/4)の30%OFF、に最も…

本楽家忘年会を行ないました。

12/27(水)、池袋にて日本本楽家協会主催の本楽家忘年会を行ないました。 参加者は あんびる幹事長 りんごさん えむこぶさん おじゃさん りゅうぜいさん ちいらば、の6名。 本楽家協会主催のイベントでは最多人数となりました。 まず会場に現れたのは私、ちい…

本楽家の忘年会について

先の忘年会に関してのご意見、ありがとうございます。 12/9(土)は実現がかなり厳しいということがわかりました。 そこで日程を12/26(火)〜12/29(金)のいずれかの日に変えてみようと思います。 この日のうちもし参加できそうな日があれば「全て」教えてくださ…

日本本楽家協会の忘年会...やりますか?

幹事長のあんびるさんと忘年会について少しやりとりしました。 その結果、12月9日(土)であれば少なくとも二人は都合がつくことがわかりました。 しかし、もちろん二人だけの参加では意味がない! ということで日本本楽家協会の皆様、どうでしょう? 一応、決…

ようこそ本楽家の世界へ!?

ここは主に本を楽しむ方(本楽家)向けのブログです。本楽家とは?関心を持った方はお読みください。本楽家とはなんぞや本楽関連カレンダー(随時更新中)

和本作成に挑戦!

本好きなのに本の事、とくに和本については何も知らないのはいけない! ということで和本作成の講習に行ってきました。 教えてくれるのは田中栞さん。 本職は書物研究家であり編集者であり校正者でもある。 しかしその実態は、本に関する様々なことに精通し…

近くの図書館までお散歩

これといってなにも予定がなかったので、一番近い公立図書館まで散歩してみた。 "San Diego Public Library"は中央図書館の他に36の分館がある。 その中で一番近い"University Community Branch Library"に行ってみた。 調べてみると距離は1.7マイル程だから…

文庫の「概略」で楽しむ

「西方見聞録〜京都から岡山へお嫁にきました〜」のミラさんの記事中に、講談社文庫の裏の概略の一部だけを見せて、この本が何か当てるクイズが載っていました。↓ http://blogs.yahoo.co.jp/milla_and_madness/39078625.html なかなか面白いので皆さんも当て…

蛍光灯問答 (第2回戦)

遥か昔('06.6.23)に店内で2種類の違う色の蛍光灯を使い分けているB○○K○FFについて書いた。 ( http://blogs.yahoo.co.jp/chiiraba/38280137.html ) 1回目のその時には店員の「おとぼけ」作戦により結局わからずじまいであった。 さて、今回はその2回目。 久々…

東京国際ブックフェア2006に行ってきました。

今年で13回目を数える東京国際ブックフェア2006に行ってきました(写真1枚目)。 今年もなかなか賑わっていました...。 良くも悪くも昨年とほとんど変わらないかなぁ。 まずは目についた有名人の方をパチリパチリと(写真2,3枚目)。 写真の2枚目は吉永みち子さ…

図書館レシートの謎、解決。

前回の記事で、私の住む市の図書館ではレシートの裏にB○○K○FFの広告が載っていると書きました。 その理由がわかりましたので書いておきます。 ずばり! 「レシート用紙を買うのに複数からの入札を行っているから。」 だそうです。 私が尋ねた職員も詳細はわ…

『本の散歩道』最終回 (学習院生涯学習講座)報告

岡崎武志氏による『本の散歩道』第3回(最終回)。 今回の主な内容は次の通り。 1.本を読めば本を読みたくなる。 2.夏目漱石「坊っちゃん」 3.文庫の話(中公、新潮、文春) 4.絵本の紹介 1.は本はやっぱり自分で見つけて読んでみるのが一番、ということ。 確か…

『本の散歩道』第2回 (学習院生涯学習講座)報告

岡崎武志氏による『本の散歩道』第2回。 今回の主な内容は次の3つ。 1. 文学を歩く(文学散歩) 2. 抜き書きノートの作成 3. 最近買った本の紹介 1.は岡崎氏が逗子へ行った時のお話でした。 そもそもは岡崎氏が連載中の古本屋巡りの行き先を考えている時、ふと…

改めて自己紹介?日本本楽家協会たすき(もどき)

日本本楽家協会の参謀をつとめますgakiさんからたすきをこっそり頂いて参りました。 質問が進むにつれて難しくなっていくのでこれまでやりませんでしたが、他の方々がどんどん終えていくのであわてて書く形になってしまいました。? 日本本楽家協会、会員No…

待ちに待った講座第1回 -子供に戻った日(前編)-

今日(5/20)はずっと待ちに待っていた日だった。 なぜか? それは岡崎武志氏による「本の散歩道」の講座、第一回目だからである! ※講座受講に関しては「本楽の極意を学ぼう」参照の事 5:00 朝から興奮しっぱなしだった。 興奮し過ぎて早起きしてしまった。 …

日本本楽家協会の過去・現在・未来、現実と誤解、希望とお願い等々....

日本本楽家協会の会員が本日(2006年5月19日)現在で14名。 こんなにも賛同してくれる方がいるというのは正直驚いています。 皆さん、ありがとうございます。 しかしながら、入会したのは良いけれど何か楽しい事があるのか? という疑問があると思われます。 …

「新潮文庫の100冊」トリビア(?)

ゴールデンウィークももうすぐ終り。 さて気分を切り替えて、次の長期連休である夏休みの計画を考えましょう。 では夏休みとくれば何を思い出すかといえば、ここは「新潮文庫の100冊」でしょう。 このフェアに対して、目立った所では角川文庫、講談社文庫、…

劇団と漫画の共通点

劇団と漫画の共通点って、演題(タイトル)が違っても役者はかわらないところかな。 なんてことを、あだち充氏の漫画を古本屋で立ち読みして思った。 ただそれだけ。

日本本楽家協会企画「本のタイトルリレー」

日本本楽家協会の皆様、お待たせしました。 本楽家協会の企画として「自分が読んだことのない新しい本の発見」をテーマに(もっともらしくしてみました)、「本のタイトルリレー」を行いたいと思います。 ちなみに会員さんは強制参加です(!)。 協会に入会した…

消しゴム版画家を目指す。

今日はエイプリルフール。 ここは一つ気の利いた嘘でもつきたいところだが、そんな才能さえもなくただぼんやり。 ふと本棚から「ナンシー関の顔面手帖」角川文庫 を取り出す。 ナンシー関さんの似顔絵版画(?)が結構、好き。 どんなところが良いのだろうと思…

病気の快復度を本で診る

やっと病気が快復した。 短くも長い道のりだった気がする。 私にとって病気で寝ているとは、静かに本を読めることである、という頭がある。 そもそも子どもの頃、熱を出して寝ていた時に、母親に絵本を読んでもらった記憶があるが、それを引きずっているのか…

漢字で本を選ぶ

普段、本を買うときは装丁を見たときのひらめき、手にとったときの感触、出会った瞬間の最初のインパクトを素直に「感じ」取り買うわけですが(本当か!?)。 今回はちょっと違った選び方で買ってみました。 以前、「漢字バトン」を受け取ってやってみたので…

本楽の極意を学ぼう

学習院生涯学習センターで今年の春から開講する講座の一つに「本の散歩道」というのがあった。 副題に「古本、文庫本、本の楽しみ方教えます」とある。 いまさら教わらなくとも...と思いながら講師を見たら岡崎武志さんだった。 岡崎武志さんと言えば古本好…

本で満足しないように

他の男の子同様(?)、私の息子(2才)も電車やバス等の乗り物が大好き。 そこで電車の本を買ってあげたら、最初は興味深そうに見ていた。 でもすぐ飽きてしまったようだ。 今では見向きもされない。 駅が近いので、散歩に連れて行った。 駅のホームはさすがに危…

雑誌は所詮、読み捨てか?

いよいよ本で部屋が狭くなってきて居心地が悪くなってきたので、本棚及びその周辺の本の整理をしました。 もっとも整理が出来るくらいのスペースが私には十分残っているわけで、いわゆる本に囲まれて、もしくは本に埋もれて、生活している人から見るとまだま…

柴田ゆう個展「迷所江戸百景」

畠中恵さんの「しゃばけ」シリーズや米村圭吾氏の一連の作品をはじめとする「時代物」の装画、挿絵で活躍されている、柴田ゆうさんの個展を見に行ってきました。 個展のテーマ「迷所江戸百景」は歌川広重の「名所江戸百景」を柴田さん流に描いたものです。 …

本の探偵の仕事はこれから

私にとって「本の探偵」と言えば、赤木かん子さん。 絵本や児童書、YA(ヤング・アダルト)本のオススメを探そうとした人なら知らないはずはない! と勝手に思っているくらいの人。 その赤木かん子さんに何度、探してもらおうかと思ったことか。 しかし本の探…

自分のために初めて買った絵本

自分が本好きだと子供も本好きになって欲しいと思うのは私だけではないはず。 もっとも子供に無理矢理買い与えて読ませるのは嫌だし、まずは外で元気に体を動かして来い! という気持ちが結構あることも事実。 まぁどちらにしても、もし買ってあげるとしたら…