読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本楽家 ( ほんがくか ) 通信

本にまつわるあれこれを楽しむ、日本本楽家協会の活動報告です。

本棚から伝わる本屋さんの心意気


 私にはお気に入りの本屋さんがありました(過去形なのは長い間行っていないからどうなっているかわからないからです)。
 ただの「行き付け」の本屋の一軒だったはずなんですが、ある時からとても行くのが楽しみでたまらなくなりました。
 でもなぜそんなに楽しい本屋なのか自分にはわかりませんでした。店舗が大きくて品揃えが沢山あるからだ、と最初は考えました。しかし他のもっと大きな本屋に行ってもおなじ感情はわいてきませんでした。
 それにそこのお店で飛び抜けて頻繁に買うこともなかったので、他のお店に比べて自分好みの本が沢山あったというわけでもありませんでした。
 しかしある時わかった気がしました。そのお店の本棚がとても楽しかったのです。
 私がそのお店に入ってからの行動パターンを振り返ると、本棚を眺めている時間がとても長かったことを思い出します(本屋だから当たり前ですが)。
 他の本屋さんと違っていたのは、棚を眺めているときの自分の気持ち。他のお店の場合「何か面白い本ないかなぁ。」。
 でもそこのお店では「次はどんな本が並んでいるんだろう。」と右から左、上から下へと、ワクワクしながら眺めていたのです。
 
 安藤哲也さんの「本屋はサイコー!」を読んだ時、当時そのお店にワクワクしながら通っていたことを思い出しました。
 またいつか行けるかなぁ...。