読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本楽家 ( ほんがくか ) 通信

本にまつわるあれこれを楽しむ、日本本楽家協会の活動報告です。

書評の腕試し!「第三回 書評コンクール」

イベント情報

 長野県の有力新刊書店の一つ平安堂と信州大学生活協同組合が共催。

 Yahoo!ブログで本の書評記事を書いているそこのアナタ!!
 日々培ってきた書評力(?)を世に知らしめる時が来ました!!!
 最優秀賞(1名)には賞金10万円!!

 ちなみに前回(第二回)の応募総数は170通。
 単純に数だけ見ても「アナタ」なら狙えそうな感じがしませんか?
 さあ、少しでも心が動いた方は下記ホームページへ詳細を見にいきましょう!
 締め切りは2006年11月9日なのでまだまだ大丈夫。
 じっくり戦略を練って一攫千金なんてどうですか?


 蛇足
 平安堂のホームページを見ればわかりますが、新刊書店なのに古書センターを開きました。
 それほど広くはないですが、とても落ち着いた雰囲気でなかなか良い感じでした。

 新刊書店と古本屋の両方を商っているところは、私の知る限りでは名古屋に一軒あるのみ。

 大手新刊書店である平安堂がどう考えた末に古書センターを始めたのか!?
 果たして古書センターは成功するのか?
 とても気になるところです。

 長野市にお立ち寄りの際はちょっと覗いてみるのも良いかもしれません。
 (何か買わないと出られないなんてことはないです、ちなみに。)

 蛇足2
 実はこのコンクールのことはもっと前から知っていました。
 ではなぜ、いまさら紹介するかというと...。

 密かに応募して万が一賞を取ったら自慢しようと思っていたのです(!)

 しかし一向に筆が進まず、あっさり断念。
 そこで日頃、書評を書き慣れている皆さんだったらどうかなと。
 私の知っているあの人、この人...狙えそうな気がするんですけどね...。