読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本楽家 ( ほんがくか ) 通信

本にまつわるあれこれを楽しむ、日本本楽家協会の活動報告です。

本楽家忘年会を行ないました。







 12/27(水)、池袋にて日本本楽家協会主催の本楽家忘年会を行ないました。
 参加者は
 あんびる幹事長
 りんごさん
 えむこぶさん
 おじゃさん
 りゅうぜいさん
 ちいらば、の6名。
 本楽家協会主催のイベントでは最多人数となりました。

 まず会場に現れたのは私、ちいらば。
 実は高円寺、阿佐ヶ谷と古本屋周りをして疲れ果てたので、30分も前から入店。 
 さて入店の際には実はあんびる幹事長がしかけたトラップ、じゃなくてイタズラがあったのです!
 お店の人に「日本本楽家協会ですが。」と言わなくては案内してもらえないのです。
 私はいつものごとくもにょもにょと「日本本楽家協会ですが」。
 店員さんの顔が1秒くらい「へっ?」という顔つきになりましたが、それでもなんとか通してもらえました。
 さてこの「踏み絵」ともいえる難題を皆さんクリアして来てくれるのか?
 『言うのも馬鹿らしい!』と回れ右で帰ってしまわれるのか?
 非常に心配でしたが、皆さん全員揃い杞憂に終ってホッとしました。

 さて自己紹介をしながら何となくおしゃべり。
 初対面同士というのも多かったので、えむこぶさん女性疑惑(立派な男性です!)、ちいらば番長疑惑(どちらかといえば使いです!)など、事前イメージと違っている場合もありました。
 しかしブログ上で会話を重ねただけあって打ち解けるのもはやく、話も盛り上がりました。

 さて今回の目玉(というか私の楽しみ)である、文庫交換会を行ないました。
 これは一人一冊ずつ文庫本を持ち寄って、皆で交換するといういたってシンプルなものです。
 文庫本は袋などに入ってどんな文庫かは持ってきた当人しかわかりません。
 さっそく即席あみだを作って抽選を行ないました。
 結果、見事バラバラに交換することができました。
 各自、貰った文庫を手にした写真を載せておきます(男性陣は皆さんシャイでした)。
 ちなみに私は「そして殺人者は野に放たれる」日垣隆(新潮文庫)を送り、
 「花のれん」山崎豊子(新潮文庫)を頂きました(おじゃさんありがとうございます)!


 その後、また話で一花咲かせた後、
 あんびる幹事長から電話によるスペシャルゲスト(!)の紹介がありました。
 なんとグラサン副会長こと、Cutty副会長からの生電話!!!
 私もお話しさせていただきましたが...緊張して何話していいかわかりませんでした。
 覚えているのは副会長に失礼千万なことを一方的に喋っていたことだけ。
 (副会長、わざわざお電話ありがとうございました&すみませんでした)

 なんやかんやで一次会は終り、二次会はおじゃさんとりんごさんを除いた4人で喫茶店へ。
 ここではあんびる幹事長による「気象予報 初歩の初歩」を男3人が受講。
 とても勉強になりました。

 さて時間が23時を回る頃、さすがに遅いのでお開きとあいなりました。

 今回の忘年会は夜でしたが、休日の昼間の方が参加できる人が増えるのではという意見も頂きました。
 また今回は無理だったけれど来年こそは参加!
 という方も何人かいらっしゃるようなので是非、新年会をやりたいと思っています。
 これについては詳細が決まり次第イベント情報に載せる予定ですので、次回も多数の御参加をお待ちしております。