読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本楽家 ( ほんがくか ) 通信

本にまつわるあれこれを楽しむ、日本本楽家協会の活動報告です。

岐阜市古本放浪(翻弄)記

本楽家活動範囲の拡大を目論み、岐阜県岐阜市へ!

といっても実は岐阜駅の駅ビルでやる古本市の情報を得て行ってみたのですが、
あまりに小規模で落胆のあまり、急遽古本屋巡りに変更。
急いで調べた結果...思ったより少ないのね。
JR岐阜駅を中心に4軒(B○○K○FF1軒含む)。
このうち2軒がすぐ近くにあるようなので、
そこに行って古本市の消化不良を解消することにしました。

さてさてJR岐阜駅から北へ歩くこと15分。
見つかりました。


なかなか良さげじゃないですか。
均一棚の売り文句も挑発的で若干、気持ちも上向き。


しかしながら果敢に立ち向かうも結局、均一本1冊購入で次の店に。
次の店はすぐ近くにあるはずだけれど...

!!

移転してました。
え〜Google Mapsによると歩いて14分ですか...。
はい、頑張ります。


ということでいざ向かってみると...そこは人っ子一人いない商店街だった...。




かなり不安になりつつあるべきはずのところに向かってみると...一角だけ人気のあるところが。

見つかりました。


安堵とともに入ってみましたが、何か噛み合ないせいかここでも成果なし。
このまま今日は帰ろうかと思いながら地図を見ると、
B○○K○FFまで歩いて10分程度のところまで来ていたことが発覚。
こうなったら向かうしかないと半分ヤケに。

ここまで来てB○○K○FFもなぁと思いつつ、
ひょっとしたらこの辺りなら穴場かもという欲丸出しで中に入ると。

B○○K○FFはどこまで行ってもB○○K○FFでした。
安定の品揃え。
あえてここで買わずともと思いましたが、
岐阜の思い出づくりに100円で1冊購入。

さてここからまっすぐ東に向かえば駅に着くのですが、
どうも不完全燃焼。
こうなったら残りのもう一軒に行ってしまえと
駅の東南東、B○○K○FFから歩いて22分のお店に向かうことにしました。

今日一番の道のり...半ばくじけそうになりながら歩いていると「本」の大きな文字が!


本を渇望している身には古本も新刊も関係ないっ!
砂漠のオアシスに向かうつもりで寄り道。


さすが新刊書店。
頼もしい謳い文句が殺伐とした心を癒してくれました。
お礼の気持ちで1冊購入。

さあ元気になったところであと少し!
最後の目的地の店に行くと...





NOoooooooooo!!!!



えっと、到着時点では土曜日の17時40分ですが...。



心折られ、その後の行くあてもなく岐阜を後に。

深い傷心につきリベンジの予定なしです。

今回の収穫?
1. 磯田道史「歴史の愉しみ方」(中公新書)
2. 末井昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫)
3. 中薗英助「スパイの世界」(岩波新書)