読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本楽家 ( ほんがくか ) 通信

本にまつわるあれこれを楽しむ、日本本楽家協会の活動報告です。

感嘆の読書会

いつも参加させていただいている古本カフェcestaの読書会に行ってきました。
今年最初の参加者は定員6名に対しなんと8名!!
注記:もちろん今回はきちんと申し込みしてます!

さて今回のテーマは「詩集」。
私はほとんどと言って良いほど詩集は読まず。
かろうじてかつてブログで紹介した茨木のり子のみ。
ということで(今回も?)、どんな詩集が紹介されるかの興味のみの参加。

この読書会のやり方は自己紹介を一通りしてから改めて持ち寄った本を紹介するのですが...。

今日のトップバッターは私ですか!!

たどたどしく好きな詩のことを話し一息つこうとした途端、
やっぱり詩は朗読しないと〜という声が!!!

同様しつつ、長いからなぁと困った末、
好きになった部分のみ申し訳程度に読む...ダメですね〜。

その後皆さん好きな詩を朗読していきますが、
皆さん上手ですね〜。

好きというだけに朗読に想いがこもってる感じがします。
家で朗読してると言う方はやっぱり読み慣れていて、思い入れの程が伝わってきます。
さらにはこの読書会を企画しているお店で朗読を披露している人もいたり。
上手すぎる!!
抑揚のつけ方、間の取り方、諸々(比べたら失礼ですが)私とは雲泥の差。
そんな朗読の素晴らしさも相まって詩への興味が湧いてきました。
なお今日の紹介回数が多かったのは茨木のり子まど・みちお
今回私が一番気になったのも、まど・みちお「うちゅうの目」&「まど・みちお画集」

ハズレの心配は全くない。

新年第一回目に早速、読書の幅が広がる予感です。



〜紹介本メモ(一部不明あり)〜
井伏鱒二「厄除け詩集」
田中冬二詩集
アーサー・ビナード「ガラガラヘビの味」(岩波少年文庫)
茨木のり子「詩のこころを読む」(岩波ジュニア新書)
茨木のり子「倚りかからず」(ちくま文庫)
まど・みちお画集 とおいところ」(ちくま文庫)
まど・みちお「にじ」
まど・みちお「うちゅうの目」(フォイル)
豊原エツ「暗闇と僕。」
ディキンソン詩集
E・ケストナー「人生処方詩集」(ちくま文庫)