読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本楽家 ( ほんがくか ) 通信

本にまつわるあれこれを楽しむ、日本本楽家協会の活動報告です。

濃〜い詩集の読書会

古本カフェcestaの読書会に参加してきました。

 

今回のテーマは「詩集」。

昨年も詩をテーマに読書会がありましたが、変われば変わるもの。

昨年から今回にかけて私も詩をぼちぼち読むようになりました。

ということで少しは話についていけるかな〜と思ったら...。

 

今回は参加者8名中、3名が自作の詩を朗読!

中には"Poetry Slam Japan 2016”という詩の朗読競技会に参加している方もいたり。

私のようなにわか詩集愛好者(?)では語る資格なしと思えるような内容でした。

 

詩について語ることは私にとっては小説などよりも恥ずかしく感じます。

読書会の中でも多少語られましたが、詩は自身の心の叫びを研ぎ澄ませ、厳選して取り出した言葉の集まり。

だからこそ好きな詩について語るのは自分自身をさらけ出すこととほとんど同じで、恥ずかしいと思えたりするのかもしれないなんて思いました。

 

テーマが同じでも参加するたびにいろんな話が聞けて、刺激を受けます。

 

次回は映画がテーマなので、少しは敷居も低く感じるかな〜。

 

〜紹介本メモ〜

有村竜太朗「五十音式」(インデックス・コミュニケーションズ

塚本邦雄「王朝百首」(文化出版局)

吉野弘吉野弘詩集」(ハルキ文庫)

加島祥造「求めない」(小学館文庫)

吉本隆明吉本隆明全詩集」(思潮社)

北村愛子「送電線 北村愛子詩集」(詩のひろばらの会)

北原白秋「白秋抒情詩抄」(岩波文庫

大槻ケンヂ「リンウッド・テラスの心霊フィルム」(角川文庫)

佐藤春夫「殉情詩集」(日本近代文学館)

銀色夏生「ひとりが好きなあなたへ」(幻冬舎文庫

ウィリアム・シェイクスピアソネット」(文春文庫)

竹内浩三「戦死やあわれ」(岩波現代文庫

山之口貘山之口貘 詩文集」(講談社文芸文庫

Charles Bukowski「Play the Piano」(Ecco)

ブコウスキー「モノマネ鳥よ、おれの幸運を願え」(新宿書房

牧野晋三「ギターと散文詩

f:id:hongakuka:20160223211616j:plain