読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本楽家 ( ほんがくか ) 通信

本にまつわるあれこれを楽しむ、日本本楽家協会の活動報告です。

ブクマ古本市2016で出店の楽しさを満喫

昨年に続き、ブックマークナゴヤのブクマ古本市に出店しました。

出店に先立ち、お客さんへのささやかなオマケとして、今回は栞をせっせと作成。

f:id:hongakuka:20161106213343j:plain

 

そしてケース4つとトランクにめい一杯本を詰め込んでいざ参戦!

出店場所については少しトラブルがあったものの、商店街の端に出店。

f:id:hongakuka:20161106213502j:plain

 

そして今回は3名の仲間に来てもらいました。

f:id:hongakuka:20161106214057j:plain

 

私以外は出店が初めて。

ということでお客さんとの交流を楽しみましょう!ということになりました。

 

さて実際に古本市が始まると、テキトー店主の私は他店にふらふら。

その間、仲間はお店の切り盛りをテキパキ。

f:id:hongakuka:20161106214856j:plain

 

POPも作成して売り上げに貢献。

f:id:hongakuka:20161106215040j:plain

 

その甲斐があって売り上げは昨年を上回る結果で終了しました。

 

今回は暖かい陽気のおかげもあってかかなり多くのお客さんに来てもらいました。

好みのジャンルが見つかって「いい品揃えだ〜」と呟きながら本を見る男性

値段表と本を見比べ、う〜んと悩みながら結局、購入を断念した女性

わざわざ家族に電話して、ないことを確認して購入してくれた女の子

「ここ行きたいね〜」とページをめくりながら話す海外旅行未経験のカップル

お子さんとワイワイやりながら本を選び、購入時に釣り銭がないと知るや別のところで崩してまで購入してくれた二児のお母さん

...

ひょっとしたらこちらからお客さんに声をかけるのは良くなかったかもしれません。

本を眺めながら様々な思いを巡らせ、楽しんでいるところに割り込むことにもなるので。

でもついつい楽しんでいるのを見ると声をかけてしまいました。

それでも誰もが嫌な顔一つぜずに応じてくれました。

また店番そっちのけで、道路管理をしているスタッフの方ともお話させてもらいました。

 

今回のお店の目標は本を通して本の楽しみを共有すること。

自己満足かもしれませんが、その目標は達成できたかなと思います。

 

さて古本市終了後は、円頓寺商店街のお店で軽く打ち上げ。

他のお店で買ってきた戦利品をみんなで報告(自慢?)しあいました。

f:id:hongakuka:20161106215639j:plain

 

とても楽しい充実した1日でした。

早くも来年に向けて、今度はどんなお店にしようか思案中。

 

最後に。

来店してくださったお客さん、お店を盛り上げてくれた仲間、そして実行委員会の皆さん、ありがとうございました。