読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本楽家 ( ほんがくか ) 通信

本にまつわるあれこれを楽しむ、日本本楽家協会の活動報告です。

眺めて楽しい読書会

読書会

今年最初の古本カフェcestaの読書会に参加してきました。

テーマは「画集」。

 

私含め、多数の(?)読書会参加者が熱望していた「画集」の読書会。

画集はデカイ、オモイ、タカイものなので、なかなかすんなり買うには至りません。

それだけに手に入れた画集はある種、宝物であり愛着もひとしお。

 

画集なのでいわゆる読書とは趣が違います。

しかし実際に始まってみるとそんなことは関係なし。

参加者のアツい思いが込められたトークとともに観る画集の素晴らしさ。

名前だけは知っているけど実はよく知らない画家。

全く初見の画家。

様々な作品を観ながら、驚きや感嘆、好みの作品に出会えた喜びが生まれました。

f:id:hongakuka:20170109151439j:plain

 

今回出会った画家たち

歌川広重

-> アデーレ・シュロンブス「HIROSHIGE」(タッシェン・ジャパン) 

笹倉鉄平

->「JOURNEY TO MY HEART  TEPPEI SASAKURA ART WORKS」

鈴木春信

-> 河野元昭「浮世絵八華 1 春信」(平凡社)

高島野十郎

->「髙島野十郎画集」(求龍堂)

田渕俊夫

-> 名古屋市美術館「いのちの煌めき 田渕俊夫展 図録」

出久根育

->「出久根育 作品集」(学研プラス)

長谷川潾二

->「長谷川潾二郎画文集 静かな奇譚」(求龍堂)

フジイフランソワ

-> 豊田市美術館「フジイフランソワ展 綯交 図録」

イリアム・ブレイク

-> William Blake「William Blake: The Complete Illuminated Books」(Thames & Hudson)

エドワード・ホッパー

-> ロルフ・ギュンター・レンナー「HOPPER」(タッシェン・ジャパン)

カッサンドル

-> サントリーミュージアム「巨匠の知られざる全貌 カッサンドル」(クレオ)

カレル・ゼマン

-> 刈谷市美術館ほか 「チェコ・アニメのもうひとりの巨匠~カレル・ゼマン展 図録」(イデッフ)

ジョン・エヴァレット・ミレイ

->「ジョン・エヴァレット・ミレイ展 図録」(朝日新聞社)

ダリ

-> Robert Descharnes「Dalí」(TASCHEN)

マックス・エルンスト

-> マックス・エルンスト展実行委員会「マックス・エルンスト フイギュア×エスケープ展」

ミュシャ

-> 千足伸行「ミュシャ スラヴ作品集」(東京美術)

 

多数

-> 埼玉県立近代美術館「たまもの 埼玉県立近代美術館大コレクション展」

-> 海野弘「チェコの挿絵とおとぎ話の世界」(パイインターナショナル)

 

補足書籍

「週間美術館 39 ワイエス/ホッパー 」(小学館) 

ウィリアム・ブレイク「対訳 ブレイク詩集」(岩波文庫)

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)「ミュシャのすべて」(角川新書)

 

注) 直接、書籍情報にリンクしていないものがあります。