読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本楽家 ( ほんがくか ) 通信

本にまつわるあれこれを楽しむ、日本本楽家協会の活動報告です。

充実の振り返り読書会

古本カフェcestaの読書会に参加してきました。

今回は今年最後の(日中の)読書会ということで「今年のベスト3冊」。

なんだか最近、あっという間に一年が過ぎてしまう感じ。

ベスト3冊を選べるほど読んだかな?

本のメモを見返してみると...自分にしては意外と読んでるなぁ。

でもたかが知れている冊数。

ここ数年では思ったよりアタリが多かった年だったかな。

 

さてさて、みんながどんな本を選んできたのか興味津々で参加。

今年のベストといっても、今年出版された本ではなく、読んだ本。

しかも本の内容に関するテーマがないので、いつも以上に興味深い本がわんさか。

心なしか皆さんのプレゼンにも気合が入ってました。

あまりの熱意で一巡するだけで時間いっぱい。

アレもコレも読んでみたい!

年末にかけて自宅の本のリストラ敢行を密かに検討中でした。

でもその気持ちもアッサリ折れそうに。

来年もたくさんの本と出会いたいです。

f:id:hongakuka:20161212090516j:plain

 

さて今年は二次会の忘年会がありました。

f:id:hongakuka:20161212091222j:plain

 

通常の読書会では、当たり前ですが終始本の話。

二次会ではプライベートなところもズバッと切り込んだ話も出たり。

読書会だけではうかがい知れない、別の一面も見られました。

その人を知ると、同じ本でもより深く感じられる気がします。

来年、最初の読書会のテーマも決まり、早速楽しみです。

 

〜今年のベスト〜

朝吹真理子「流跡」(新潮社)

大谷能生「不良たちの文学と音楽」(エスクァイアマガジンジャパン)

岸見一郎、古賀史健「嫌われる勇気」(ダイヤモンド社)

小林由香「ジャッジメント」(双葉社)

佐藤多佳子「明るい夜に出かけて」(新潮社)

長崎訓子「Ebony and Irony」(パイインターナショナル)

長沢節「デッサン・ド・モード」(美術出版社)

羽海野チカ「3月のライオン」(ジェッツコミックス)

兵藤裕己「太平記(一)」(岩波文庫)

深沢七郎「人間滅亡的人生案内」(河出文庫)

堀江敏幸「なずな」(集英社文庫)

三宅隆太「スクリプトドクターの脚本教室・中級篇」(新書館)

村田沙耶香「殺人出産」(講談社)

村田沙耶香「殺人出産」(講談社文庫)

森下典子「いとしいたべもの」(世界文化社)

山崎ナオコーラ「かわいい夫」(夏葉社)

吉川トリコ「光の庭」(光文社)

アーシュラ・K・ル・グィン「世界の誕生日」(ハヤカワ文庫)

シェル・シルヴァスタイン「おおきな木」(あすなろ書房)

ピエール・バイヤール「読んでない本について堂々と語る本」(ちくま学芸文庫)

ミランダ・ジュライ「あなたを選んでくれるもの」(新潮クレスト・ブックス)

レスリー・デンディ、メル・ボーリング「自分の体で実験したい」(紀伊國屋書店)