読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本楽家 ( ほんがくか ) 通信

本にまつわるあれこれを楽しむ、日本本楽家協会の活動報告です。

日帰り1dayを使ってトコトン本楽活動

その他

 先日、とある目的(私用)で都内の方に行ってきました。
本楽家としてはできるだけ旅費は抑えて、浮いた分は本を楽しむ予算に注力したいところ。

そんなわけで今まで私用で遠出する場合、若くて時間もあった頃は旅費をひたすらケチった。
すなわち鈍行や深夜バスを躊躇なく使っていたところだけど、
時間ももったいないし、体力も落ちてきている現状では
遅くともこだま新幹線で行くことを考えてしまう。

そんなこんなで新幹線でいかに安く行くかを考えるのがこれまで。
ちなみに名古屋〜東京を普通に駅で買うと通常期では、
乗車券 6,260円に自由席で4,100円だと合計10,360円で往復20,720円

これに対して距離を考慮して、乗車券を分けて買う工夫をすると
乗車券が4枚(!)に分かれて5,870円。
これに自由席特急券4,100円を合わせて合計9,970円で往復19,940円(780円オトク)

さて金券ショップの回数券は9,950円で往復19,900円(820円オトク)
※お店によります。

だから通常期ではこの浮いた820円を本代回す!という計算ができる。
ただしこの回数券、年末年始、G.W.、お盆といった時期に使えないのがつらいところ。
そうなると乗車券を分けて買う方法が通常の使い方となります。
ちなみに金券ショップでもこの分割乗車券を売っているお店があります。

だらだらと書いてきましたが、やっと本題へ...。

金券ショップ購入が日常化していたとある日、
JR東海ツアーズのチラシを目にしました。

「日帰り1day東京スタンダードプラン」

これは日帰り往復の新幹線指定席で17,300円!!
なんと通常期の普通購入と比べると往復で3,420円のオトク!!

これでも十分、嬉しいのですが、
このプランには新幹線往復代だけでなく、3,000円分のクーポン券も付いてくる!!!
使えるお店は限られてますが、お土産代や食事代として使えるのでかなりお得感あります。
※あと一つのお店で一度しか使えないという制限あり。

早速、このプランを購入してみました!

〜ここでご注意〜
なんだかJR東海ツアーズの回し者のようになってしまってますが、今のところ何も見返りないです...。

さてさて購入してみてさらに嬉しいことが!!
クーポンが使えるお店の一覧に新刊書店が一軒書かれていることを発見!

この時点でもうクーポン券の使い道は決まったも同然。

都内遠征当日はもうその書店で何を買おうかで頭がいっぱい。
東京駅の改札を出るや否や早速、書店に直行。

お店の規模は...まぁまぁかな。
駅の書店だけあって購買者のターゲットが乗客メインなので、
品揃えも私には少し不満でしたがしょうがない。

3,000円以内でいかに欲しい本を買うか、
欲しい本と値段を見比べ、計算しながら店内をうろつくこと約1時間。

文庫4冊、税込合計2,948円

満足いく買い物でした。









さてさて実は私用というのは神田の古本祭りだったのですが、

そこでの収穫は1冊300円...。

頑張って予算を増やしたのに!!

お祭りを楽しんだということで...また来年に期待です。